川内高城温泉(せんだいたきおんせん)


西郷隆盛が湯治を楽しんだ際の面白い逸話が多く残る温泉地。風呂に入るときに使用したという踏み台も伝わっており、滞在していた民家には碁盤や碁石といった囲碁の道具もあったそう。かけ流し温泉で、トロトロとした肌触りのアルカリ度の高い美人湯は鹿児島屈指の名湯。山間の静かな温泉街の街並みは、タイムスリップしたような気分になれる。

 

【泉質】単純硫黄泉
【効能】慢性皮膚病、慢性関節疾患、リウマチなど
※川内高城温泉街に7軒10ヵ所の入浴施設有

詳細情報

電話 0996-25-4700((株)薩摩川内市観光物産協会)
住所 薩摩川内市湯田町

アクセス