日当山(ひなたやま)温泉


西郷隆盛が最も訪れたとされる温泉地。坂本龍馬が寺田屋で手に傷を負った際に、妻のお龍と訪れたという記録もある。西郷がここを訪れる時は、龍宝家の屋敷に泊まったといい、現在は別な場所に「西郷どんの宿」が建設されている。県内では最古の温泉といわれており、現在は、旅館や家族湯が20軒ほど並んでいる。

 

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【効能】リウマチ、神経痛、美肌など
※霧島市日当山地区に約20軒の入浴施設有

詳細情報

電話 0995-42-0607(日当山温泉旅館組合)
住所 霧島市隼人町

アクセス