令和2年12月1日(火)~12月30日(水)
照國神社 「幸先詣(さいさきもうで)」

~安心の祈りのために、幸先よくお詣り「幸先詣(さいさきもうで)」~

鹿児島県下最多の参拝者を誇る「照國神社」。例年正月の三が日にはおよそ30万人が初詣に訪れますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年は参拝客の分散を呼び掛けています。12月1日(火)から30日(水)まで行われる「幸先詣(さいさきもうで)」は、「少しでも参拝される方々に、安心してお詣りいただければ」と同神社が初めて実施。お札やお守り、破魔矢などの縁起物が前倒しで授けられ、ひと足早い新春の慶びを味わうことができます。また、「幸先詣」の期間中は、通常と異なる書体の特別な御朱印も用意されています。

「幸先詣(さいさきもうで)」
期間:令和2年12月1日(火)~令和2年12月30日(水)

「照國神社(てるくにじんじゃ)」
電話/099-222-1820
住所/鹿児島市照国町19-35
時間/8:30~17:00(社務所)
交通/市電「天文館通」電停より徒歩5分

公式サイト(照國神社)https://terukunijinja.p-kit.com/

 

※【よかガイドかごしまからのお願い】新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各観光スポット・施設等へ入場される際には、マスク着用等にご協力いただき、「3密」を避けて行動いただきますようお願い申し上げます。

 

Top