吹上温泉


かつては伊作温泉の名で親しまれ、斎藤茂吉や野口雨情など多くの詩人や文人に愛された情緒あふれる温泉地・吹上温泉。西郷隆盛は明治3年と7年に訪れ、40日以上滞在し温泉や狩猟など楽しんだといい、東郷平八郎の書による「西郷南洲翁来遊の碑」も建立されている。近くの坊野地区には西郷が腰掛けた大石「御座石」や、西郷が作った手水鉢も残されている。

 

【泉質】単純硫黄泉
【効能】神経痛、関節痛、リウマチなど
※日置市吹上町湯之浦に5ヵ所の入浴施設有

詳細情報

電話 099-296-2112(日置市吹上支所地域振興課)
住所 日置市吹上町湯之浦

アクセス