寺山炭窯跡


1851年、薩摩藩島津家28代当主の島津斉彬が興した集成館事業。製鉄のための高炉や反射炉、布や糸を作る紡績工場、ガラス工場などが造られ、明治期の産業化の先がけとなる幅広い事業が行われた。他のアジア地域に先がけて、驚くべきスピードで成し遂げられた日本の産業化を推し進めたのは鹿児島のほか、九州・山口を中心とした地域。その貴重な遺産の価値を広め保護する目的で、2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界文化遺産に登録された。鹿児島では「旧集成館」「寺山炭窯跡」「関吉の疎水溝」の3つが構成遺産として登録された。

薩摩藩では石炭が採れなかったため、集成館の反射炉で使う燃料として、木炭の確保に力が注がれた。寺山にある椎や樫の木を用いた白炭を製造するために建設された3基の炭窯のうち、1基が今も当時の姿を残している。

詳細情報

電話 099-227-1940(鹿児島市教育委員会文化財課)
住所 鹿児島市吉野町10710-68

アクセス