鹿児島(鶴丸)城跡/御楼門


島津家第18代当主で初代藩主となる家久が建設に着手した島津家の居城で、背後の山城(城山)と麓の居館からなる。石垣には、西南戦争時の弾痕が数多く残っている。本丸城跡には、「鹿児島県歴史・美術センター黎明館」がある。

 

▶TOPIC

鹿児島(鶴丸)城跡に、御楼門が復活!

明治6年(1873)に焼失した御楼門(ごろうもん)が、2020年3月、鶴丸城跡の正面中央に復元した。高さ・幅ともに20mもある国内最大の城門。

詳細情報

電話 099-222-5100(鹿児島県歴史・美術センター黎明館)
住所 鹿児島市城山町7-2

アクセス

このページを見ている人はこんな記事も見ています