春の木市


鹿児島の春の風物詩として、広く親しまれているイベント。 18世紀の末、第25代薩摩藩主・島津重豪(しげひで)によって招かれた庭師から庭園造りや植木栽培の技術を学んだ人たちが、明治の中頃、市を開いたのが始まりとされている。

詳細情報

開催日 毎年3月15日~5月5日(予定)
開催地 甲突川左岸緑地帯(市民広場)
問合せ 鹿児島市生産流通課
電話 099-216-1340

アクセス